社会福祉法人 近江八幡市社会福祉協議会 | 滋賀県 | 近江八幡市 | 社会福祉に関するサービス全般

qrcode.png
http://ohshakyo.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
社会福祉法人 
近江八幡市社会福祉協議会
≪本所≫
〒523-0082
滋賀県近江八幡市土田町1313番地
TEL.0748-32-1781
FAX.0748-36-6910
≪安土支所≫
〒521-1342
滋賀県近江八幡市安土町上出908番地1
TEL.0748-46-2571
FAX.0748-46-5550
036209
 

ボランティア

 

ボランティア掲示板

ボランティア掲示板
 
ボランティア掲示板
 

活動紹介

活動紹介
フォーム
 
あなたを活かす防災未来塾2017 第1回目を開催しました
2018-02-19
あなたを活かす防災未来塾2017 第1回目を開催しました。
日時:平成29年11月11日(土)9:30~12:00出席者:9名(+行政職員6名 社協職員3名)
 
<防災未来塾の目的>
今の地域づくりは、60代~70代の方が担い手の中心ですが、次世代の地域を担う現役世代の方はどのような地域を望んでいるのか。現役のうちから仕事と家庭以外の自己実現できる場所として、あらたに地域活動に目を向けていただけるようなきっかけを作りたい。若い世代の方が比較的関心を持っていただきやすい災害をテーマに、共に学び身近な地域の課題を一緒に考えられる仲間を地域で見つけられる、そんなボランティア講座に。
 
第1回目は、まず災害とは何か。災害が起こると何が問題になるのか。災害を通して地域をどう考えるのかという視点で、講義と参加メンバーの交流を行いました。
『災害を通して地域の問題を考える~災害現場と今を知る~』
ローカリズム・ラボ井岡仁志さん
 
〇災害はなくならない。災害が発生した時に社会の脆弱性が露呈する。過去の大災害の教訓から、人的・物的被害を減らすために、また困った時にSOSが出せる地域であるために、私たちは何ができるのか。
〇市民の側から災害対応力を高めるための話し合いの場づくりや、日頃から気になる人を見守る地域のネットワーク活動の事例の紹介。
〇防災対策や災害支援は、行政等の公的支援だけでは限界があり、市民自らが自分の暮らすまちの問題を知り、普段からボランティア、市民活動が活発な地域にしていくことが被害を減らすことにつながる。気付いたものが動き、つながることが大事。
<グループで自己紹介と講義で感じたこと、これから学びたい、取り組んで行きたい事>
〇出された感想
・講演は大変良かった。いろんな人に出会って話すのが大事。
・地域は地域が守らないといけない。
・自宅近くに老夫婦がいる。独居老人も。
・子どもが1年生で、登下校で地域とつながりができた。放課後に学校でもない時間帯ができ、登下校で民生委員など地域の人 が知ってくれることがすごくうれしい。
・自治会役員も1年で終わる。横のつながりをどう継続していくか。線でつなげられるか。どうしたらいいのか。
・災害時には地域の弱みが出てしまうという話があったので、自分の地域の強み、弱みをまず考えることが大切だと思った。
・地域住民の日常からのつながりの大切さを感じた。
・いろいろな立場の人が集まって話をする場をいろいろなテーマを切り口に作っていけるといいな。
・防災キャンプで子どもに教える。教えておけば動ける子になる。年1回学校で防災キャンプ。お金が要らないこと。子どもを 通じて地域力を高めたい。
・普通の人たちが来てもらえるような、PTAの講習などで今日のような話が聞けたら。
・私たち世代は地域に参加しない世代。地域と関わる機会、現役世代で構成されていて、現役世代が繋がれる場があると。
 
宅配弁当サービス「ひかり」
2017-10-14
H29年9月13日
宅配弁当サービス「ひかり」さんの活動の様子を取材させていただきました。
本日は5人のボランティア。今日は前日の仕込みで、明日弁当詰めと配達です。
活動を開始して10年。宅配の対象は70歳以上(70歳までの方はアレルギーのある人)の高齢者で、現在宅配は約30食
配達は5人で自家用車で分担して実施されます。活動は月2回。1食500円。金額は立ち上げ当初から変わらず据え置きだそうです。
「楽しく世間話をして、メニューも一緒に考えている。自分のリハビリにもなる。料理のことをしゃべりもってやるのが楽しい」「宅配先では、配達を待ってくれている、それが嬉しいです」。と活動のやりがいを話してくださいました。
今日は、ピスタチオやクランべり―など、普段使わない木の実を使ってのサラダ作り。新しいメニューを考えて取り入れるのも新鮮です。
活動の様子を見学させていただき、ありがとうございました。
 
かいつぶりの会
2017-10-14
平成29年9月2日(土)
野洲養護学校の一室を借りての活動の様子を取材させていただきました。
主に身体障がいや知的障がいをもつ子どもさんのリハビリ活動を中心としたグループです。年齢は小学生から作業所通所のかたまで幅広いです。
ボランティアは保護者の方以外にも、学校の先生を目指しておられる方や、県内の養護学校の先生、作業所の職員さんも参加されています。
身体障がいや知的障がいをもつ子どもさんのリハビリは、幼稚園を卒業すると医療機関も満杯でなかなか受け入れが難しい状況があります。かいつぶりの会さんは、専門職の方の指導の下に継続してリハビリできる場づくりに取り組んでこられました。また、親同士の情報交換、特に学校の進路のことなど情報交換もさかんです。
「ふだんは本人の好きな姿勢しかとらない。親が促すと怒るし、リハビリが嫌いな子が多いため、こういった場を利用して体をほぐしています」という保護者のかたの声を聞かせていただきました。
1時間リハビリして、休憩・おやつの後また1時間リハビリ。活動は午前中で終了です。
1人ひとりの生活状況に沿ったリハビリ方法を話し合い、お互いに声をかけ合って仲間どうしでリハビリに取り組む姿が印象的でした。リハビリをうけた子どもさんの表情もスッキリした様子でした。
活動の様子を見学させていただき、ありがとうございました。
 
白鳥川の景観を良くする会&明治安田生命 清掃作業
2017-07-06
7月5日(水)午前8時~白鳥川の景観を良くする会の定例活動(白鳥川周辺の草刈り、ゴミ拾い、桜並木の剪定)が実施されました。
午前10時~明治安田生命の社員のみなさま30名が企業の社会貢献で白鳥川周辺のゴミ拾い活動に参加されました。
軍手とゴミ袋を手に、小雨の中近江八幡市立総合医療センター付近から出発し、JR線路までの白鳥川沿い約1.3キロを往復し、ゴミを拾いました。
空き缶、ペットボトル、たばこの吸い殻、アイスクリームの包装など、JRの線路に近づくにつれゴミが増えてきました。中には放置された衣類、タイヤホイール、折れた傘、風呂蓋などもあり、河川の斜面を下りて重いゴミを引き上げる作業は重労働でした。
活動を終え、明治安田生命の社員さんからは「思ったよりもゴミが多い」「無報酬でこんなに大変な取り組みをされているのに驚いた」との声が寄せられました。
最後に白鳥川の景観を良くする会の吉田代表より「美しい河川を次世代に残したい」「春には桜ぼんぼり、鯉のぼり、夏には羊の放牧、四季折々の白鳥川を楽しんでほしい」とのお話がありました。今日の記念に会が長年のデータをもとに冊子にされた『白鳥川の生きものたち』を贈呈され、全員で記念写真を撮影しました。
 
活動に参加された皆様、お疲れさまでした。
 
水曜サロン
2017-06-14
 絵が上手な人も下手な人も、とにかく絵を描くのが好きな人たちが月に2回(第2・第4水曜)集まって、一緒に紙芝居を作ったり、水彩画作品を描いたりしているグループ(おやじ連の青春物語より)が「水曜サロン」です。
 現在は、おやじ連作品展に出展する大きな襖絵を制作中。「絵柄はどうしようか」、「バランスはこんな感じ?」、メンバー同士楽しく会話を交わしながらの活動風景です。
2
 

ボランティア

ボランティア
 
 
 

近江八幡市ボランティアセンター

近江八幡市ボランティアセンター
 
近江八幡市ボランティアセンター
  1 参加と支えあいのつながりづくり ~楽しさと感動の共有~
  2 ボランティア・市民活動の活性化を支援する協働体制づくり
  3 市民に期待されるボランティアセンターづくり
 【取り組みの推進方法】
  市民参加による運営委員会を開催し、取り組みの方向性を話し合い、
  活動を推進しています。
 【取り組みの内容】
  活動相談、情報提供、交流の場づくり、講座の開催などを通して、
  市内で活動するグループ、市民活動団体、これから活動をはじめたい人
  たちをサポートします。
 
  近江八幡市社会福祉協議会/ボランティアセンター
   〒523-0082 近江八幡市土田町1313番地(近江八幡市総合福祉センターひまわり館内)
    TEL(0748)31-2677 FAX(0748)36-6910
 近江八幡市社会福祉協議会安土支所/ボランティアセンターサテライト
   〒521-1342 近江八幡市安土町上出908番地1
    TEL(0748)46-2571 FAX(0748)46-5550
 
   
リーフレット ( 2015-03-26 ・ 560KB )
 
 
 

ボランティアでたのしもう!

ボランティアでたのしもう!
 
<<社会福祉法人 近江八幡市社会福祉協議会>> 〒523-0082 滋賀県近江八幡市土田町1313番地 TEL:0748-32-1781 FAX:0748-36-6910