社会福祉法人 近江八幡市社会福祉協議会 | 滋賀県 | 近江八幡市 | 社会福祉に関するサービス全般

  • 社会福祉法人 近江八幡市社会福祉協議会
qrcode.png
http://ohshakyo.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
社会福祉法人 
近江八幡市社会福祉協議会
≪本所≫
〒523-0082
滋賀県近江八幡市土田町1313番地
TEL.0748-32-1781
FAX.0748-36-6910
≪安土支所≫
〒521-1342
滋賀県近江八幡市安土町上出908番地1
TEL.0748-46-2571
FAX.0748-46-5550
026590
 
 
 

ごあいさつ

ごあいさつ
 
滋賀県近江八幡市の《社会福祉法人 近江八幡市社会福祉協議会》は、社会福祉に関するサービス全般を行っております。『助けあい支えあいでだれもが安心して暮らせる福祉のまちづくり』をモットーに、地域に根ざした活動を行っています。
 
 
わがまちのお助け隊をつくろう座談会を開催します
2017-10-20
 わがまちのお助け隊をつくろう座談会を開催します!
 
 
 人口減少、少子高齢化、社会的孤立の広がりを背景に、子どもから高齢者まで、あらゆる世代の暮らしの困りごとが、多様化、複雑化しています。
 2025年、団塊世代が後期高齢者となることから、要介護リスクが高まり、介護人材の不足や施設の受け入れ数、病院の病床数の不足が課題になると言われています。一人暮らし世帯が増える中で、買い物や通院の不便、ゴミ出し、災害が起こった時の助け合いなど、それらすべてを公的サービスでまかなえるわけではありません。
 これから10年先、20年先の未来を見据え、私たちがどんな地域で暮らしたいのか、次世代にどんな地域を引き継げるのかをみんなで話し合い、夢ある地域づくりを目指したいものです。まずその第一歩として、住民と近隣の福祉専門職(ケアマネージャー、ヘルパー)による座談会を開催いたします。わがまちの情勢を学び、困りごとを出し合い、どんなことから始められるのかを一緒に考える機会にしたいと思います。
 住民のみなさまのご参加をお待ちしております。各中学校区ごとに開催いたしますので、添付のチラシで日程をご確認の上、
下記までお申し込みください。
<お申込み>
 住所 氏名 電話番号 所属 参加希望日を 電話/FAX/Mailいずれかでお申し込みください。
<〆切>
 各回7日前まで
<お問合せ>
 近江八幡市社会福祉協議会 地域福祉課
 TEL:0748-31-2677 FAX:0748-36-6910 Mail:ohshakyo@gmail.com
 
 
 
 
歳末たすけあい助成金について
2017-09-28
だれもが安心して暮らせる福祉のまちづくりを目指して、市内の当事者を中心とする団体が歳末に実施する福祉活動に対して助成金を交付します。
詳しくは添付ファイルの要綱をご参照ください。申請は10月31日までに市社協までご提出ください。
 
地域ふくし(17区いっぷく茶屋)のページ更新
2017-09-19
 

社協活動ブログ(社協や地域の取り組み紹介します)

社協活動ブログ(社協や地域の取り組み紹介します)
フォーム
 
活動で大切にしていることは 高島市・近江八幡市主任児童委員交流会
2016-06-11
 6月2日、近江八幡市と高島市の主任児童委員さんの交流会が開催されました。
会場は、儒学者・中江藤樹の教えがのこる高島市安曇川。ちなみに藤樹の門下生・熊沢蕃山の住んでいた家は近江八幡にあります。そんなつながりのある両市で交流することができました。
 
 日々の活動内容を情報交換するなかで、「月に1度の会議で場で顔を合わせ、活動で迷ったこと・疑問に思ったことを委員の中で相談しあう。それによって1人で抱え込まなくてよいと感じるようになった」というご意見がありました。見守りや助けを必要とする子ども達や保護者に寄り添う活動をするために、まずは委員の方同士がつながることが大切だと確認できる交流会となりました。
 
 
地域支えあい講演会「精神障がいのある方の暮らしについて」
2016-02-09
 1月30日に地域支えあい講演会を開催しました。社会福祉法人きぼうの理事長、勝見尚子さまにご講演いただきました。
普段の生活のなかでは、知る機会の少ない精神障がいのある方の暮らしについて、事例をもとに分かりやすくお話いただきました。障がいのあるなしに関わらず、全ての人に共通する課題があるとともに、障がいがあることで生まれる課題もあり、専門機関や地域住民のサポートが必要だと分かりました。
今回の講演会では、民生委員児童委員や福祉協力員をはじめとする地域住民の方が、精神障がいのある方の暮らしにふれる貴重な機会となりました。
 また市内作業所コーナーには自主製品が並び、作業所メンバーが丁寧に作られた製品を多くの方が買い求めておられました。
 
八幡学区福祉フェスタ
2016-02-05
 1月23日に八幡学区で福祉フェスタが開催されました。
当日は市内作業所メンバーによるダンスやバンドのコンサート、自主製品の販売などがあり、多くの来場者で賑わいました。また喫茶コーナーでは小中学生のボランティアが活躍していました。
 講演会では永源寺診療所の花戸貴司医師が、医療を通した地域づくりの実践について講演されました。花戸医師は「病気だけ診ていても良くならない。地域に一歩入ることでたくさんのことが見えてくる。病気を小さくして元気を大きくしたい。」とお話されました。永源寺地区では地域住民や関係機関がつながり、安心して楽しく暮らせる地域を目指した取り組みをされています。
花戸医師のお話から、住み慣れた地域で最期まで暮らし続けるためのヒントを得ることができました。
 
写真
左:エネルギーあふれるダンスです♪
中:共同募金の募金箱。来年の募金運動に活用させていただきます。
右:花戸医師の講演
 

社協広報紙 「社協おうみはちまん」(2ヶ月毎発刊、奇数月)

社協広報紙 「社協おうみはちまん」(2ヶ月毎発刊、奇数月)
1
 
広報紙No.44
2017-09-13
広報紙「社協おうみはちまん」No.44(平成29年9月15日)
・〈特集〉わたしの募金 わたしのまちへ
・おしらせ・善意銀行
 
 
広報紙No.43
2017-07-13
広報紙「社協おうみはちまん」No.43(平成29年7月15日)
・平成28年度市社会福祉協議会事業報告
・ボランティアだより/お知らせ
 
広報紙No.42
2017-05-15
広報紙「社協おうみはちまん」No.42(平成29年5月15日)
・平成29年度市社会福祉協議会事業計画
・赤十字運動月間、助成事業のご案内 ほか
 
広報紙No.41
2017-03-22
広報紙「社協おうみはちまん」No.41(平成29年3月15日)
【特集】共同募金のゆくえ
・私たちの共同募金のゆくえ
・ボランティアだより
・地域福祉通信
・こんにちは!ふれあいサロンです(New)
・お知らせ
 
広報紙No.40
2017-01-05
広報紙「社協おうみはちまん」No.40(平成29年1月1日)
【特集】広げようボランティアの輪
・ボランティアだより
・地域福祉活動計画について
・民生委員児童委員活動
・地域福祉通信
・お知らせ・善意銀行
 
【訂正とお詫び】
4p:第11回近江八幡おやじ連作品展の会期に誤りがありました。訂正してお詫び申し上げます。
(誤)平成29年1月6日(火)~
(正)平成29年1月10日(火)~
 
広報紙No.39
2017-01-05
広報紙「社協おうみはちまん」No.39(平成28年11月15日)
【特集】第二の人生、地域とともに
・第7回社会福祉大会
・地域福祉通信
・お知らせ・善意銀行
 
 
広報紙No.37
2017-01-05
広報紙「社協おうみはちまん」No.37(平成28年7月15日)
【特集】「平成28年熊本地震」復興支援
・夏の福祉学級(案内)
・平成27年度事業報告・決算
・地域福祉通信
・ボランティアだより
・お知らせ・善意銀行
 
広報紙No.34
2017-01-05
広報紙「社協おうみはちまん」No.34(平成28年1月1日)
【特集】学びのたねを地域から~育てよう、ともに生きる力~
・地域福祉通信
・ふれあいクリスマス会/民生委員児童委員について
・ボランティアだより
・お知らせ・善意銀行
 
広報紙No.33
2017-01-05
広報紙「社協おうみはちまん」No.33(平成27年11月15日)
【特集】ふれあいサロン交流会を開催しました。
・第6回社会福祉大会
・地域福祉通信
・地域に広がるふれあいサロン活動
・ボランティアだより
・お知らせ・善意銀行
 
広報紙No.32
2017-01-05
広報紙「社協おうみはちまん」No.32(平成27年9月15日)
【特集】じぶんの町を良くする仕組み
・地域福祉通信
・福祉教育・地域福祉権利擁護事業
・ボランティアだより
・お知らせ・善意銀行
1
<<社会福祉法人 近江八幡市社会福祉協議会>> 〒523-0082 滋賀県近江八幡市土田町1313番地 TEL:0748-32-1781 FAX:0748-36-6910